他じゃあんまり売ってない

「他じゃあんまり売ってない」

確かに!(笑)

ひまわり市場さん、さっそく売れ行きが好調のようで本日も納品させていただきまーす!

そして翌日!
ひまわり市場さんに追加納品いたしましたーーー!!

宇宙TV DIY編スタート!

オンラインショップオープン後、早速たくさんのご注文どうもありがとうございます!

セットが好評ですぐにSOLD OUTになってしまったので、急きょ追加いたしました。

ご注文いただいた皆さまへは順次発送させていただきますのでしばらくお待ちくださいませ!

さて、【宇宙TV】醸造所のDIY編が始まりましたー!

みんな見てねーーーーーー!!!

お酒の販売免許

お酒の販売免許、個人でとっていましたが、宇宙カンパニー名義でも交付していただきました!

製造免許は醸造所ができてからなのでまだ先ですよ~。

カスケードホップ収穫!最速!

昨年植えたカスケードホップが、早くもできてきたので収穫しました!

今回は乾燥にも挑戦してみましたよー。

温度と時間はまだまだ調整していかないといけませんが、柑橘&フルーティーな香りがしっかりと残っています。

本格的な収穫はまだまだ先ですが、一足先に新物ホップの香りを嗅いで満足ですーーーー!

早くもホップが!

空梅雨で暑いからか、去年植えたひと株が早くも鞠花(まりばな)になってきました。

1ヶ月以上早すぎ。。。

草取りもしないとー。

 

ホップに花が!

今日は八ヶ岳もくっきりと見えて気持ちの良い風が吹いています。

ホップの花が出てきました。

ホップが伸びてきました!

長さはそれぞれですが、ホップが伸びてきてます。

今年植え付けた苗はまだ出ているものと出ていないものとあったりしますが、

昨年植え付けた株はすごいスピードで蔓が伸びています!

,

宇宙IPA 第二弾!販売開始!

前回大好評だった「宇宙IPA」を、さらに銀河系の遥か彼方まで昇華するべくレシピをバージョンアップさせております。

前回に比べ、ホップのトロピカルフルーティー感をアップ!

さらにシルキーでジューシーな口当たりのIPAに仕上げるべく、麦芽の配合やホップの添加タイミング等の細かな組み替えをいたしました。

購入リンクはこちら(Click!)

●バッチナンバー:2バッチ目

●ビールのスタイル:アメリカンIPA

●ホップ:MOSAIC、八ヶ岳栽培ホップ

●カラー:ゴールデンオレンジで無濾過のため若干濁りあり

●容量:330ml×6本

●アルコール度数:7%

●原材料:オーガニック麦芽・小麦麦芽・ホップ

購入リンクはこちら(Click!)

八ヶ岳で越冬したホップ

八ヶ岳の寒い冬を無事に越冬したホップが芽を出し始めました!

去年に引き続きうちゅうブルーイングではホップの無農薬栽培をしますが、コンパニオンプランツや施肥設計、自然農薬を駆使していきたいと計画中です。

さらに、去年までは20品種を試験栽培、親株保存のために植え付けましたが、今年は植え付け本数を増やし、品種はカスケードを大幅に増やす予定です。

カスケードとはホップの品種のひとつで、アメリカのクラフトビールブームの火付け役になった柑橘系の香りがするホップです。

先日のホップグロワーズミーティングで村上博士からもお話がありましたが、同じカスケード品種でもアメリカ産とオーストラリア産で全然香りが違います。

野菜やお米でも産地によって味が違うように、育てられる気候風土で同じ品種でも「こんなに違うのか〜!」というのが植物の面白いところ。

ちなみにカスケードホップはアメリカ産は柑橘系の香りが強く、オーストラリア産はフルーティーな香りを強く感じます。

なので、販売されるときも当然USカスケードとAUカスケードと別々で販売されています。

つまり産地による品質の明らかな違いが認められているということですね。

無事に醸造免許がいただけたら、畑のホップを使って醸造しすぐに結果を知ることができるので、JAPAN産カスケードの無農薬栽培を確立し、特徴を明らかにしてビールの開発も進めていきたいし、いつかはホップの新品種の開発にも取り組みたいと夢が膨らみますーーーー!

第一回JPN-HOPグロワーズミーティング

3月3日に京都府与謝郡与謝野町で行なわれた、「第一回JPN-HOPグロワーズミーティング」に行ってきました。

JPN-HOPグロワーズミーティングは、クラフトビールの人気が高まる中で、国内のホップ生産者・醸造者の情報交換、技術交流の場をつくろうと、日本ビアジャーナリスト協会の代表であり与謝野町ホップ生産振興協議会 会長の藤原ヒロユキさんの呼びかけで、開催されることになったミーティングイベントです。

今回僕たちが初めて訪れた与謝野町では、2015年からホップ栽培に取り組んでいるそうです。

与謝野町の政策「与謝野ブランド戦略事業」のひとつに「クラフトビール醸造プロジェクト」があり、原料(ホップ・大麦)の生産から六次産業化、産業振興にむけ京都与謝野ホップ生産者組合の方々とともに試験栽培を進めているそうで、採れたホップは国内のブルワリーで醸造に使用されているそうです。
また、町をあげて循環型農業の推進に取り組んでいて、豆腐工場のおからや魚のアラを使った有機肥料を製造しています。

こういった先進的な取り組みが生まれているのは、山添町長(就任当時全国最年少町長だったそうです)が前出の「与謝野ブランド戦略事業」に、クリエイティブディレクターとして田子學さんを迎えたところからスタートしたようです。
http://yosano-branding.jp

うちゅうブルーイングのある北杜市も、是非ともクリエイティブディレクターを行政プロジェクトのメンバーに入れてもらいたいですね。
政治、経済、デザインが連携することで魅力的な地域になると思います。

話をJPN-HOPグロワーズミーティングに戻します。

うちゅうブルーイングでもホップを育ててみて感じているのは、他の作物に比べ圧倒的に栽培技術に関する情報・書籍が少ないということです。
プランターで育てるような情報はたまにあるのですが、畑で生産をとなると海外の書籍とホップ農家の方に教えをいただくのがメインとなります。

特にホップは5~6メートルまで蔓が伸びるので、他の作物と違い高い柱、ワイヤーなどが必要で、日本の気候では台風等も考慮しなければならないので、柱やワイヤーのスペックひとつにしても具体的な情報がネット上では出てきません。

また資材を買おうにも、ホップ用として販売されているものは見つけられませんでした。
そんな中で今回東北のホップ農家の方、クラフトビールのブルワー、ホップ研究者も参加予定とご案内をいただいたので、速攻で申し込みをしました。

結果、参加して本当に良かったです!

与謝野町のホップ畑や大麦畑を見学でき、質問もさせていただきました。

そのあとは藤原ヒロユキさんのお話、ホップ博士村上敦司さんの講演、木内酒造の宮田さんのお話があり、国産ホップと日本のクラフトビールの未来というテーマの中で、それぞれの立場から語られる熱い内容で刺激を受けました。

ラウンドテーブルでの自己紹介の時間や懇親会では、参加されたみなさんの取り組みや私たちの取り組みの話を聞いていただいたり、交流がたくさんできて充実した一日を過ごすことができました。

今後また続けて開催されるそうですので非常に楽しみです!

また、今回の収穫はもうひとつ、私たちの目指すホップのオーガニック栽培はかなり難しい挑戦であると教えていただきました。

オーガニックホップで成功している海外の地域はかなり特殊な生態系、地形、気候であるそうです。
土壌診断・ミネラル施肥・減肥・天敵利用・微生物利用・草生栽培・自然農薬など、いままでの宇宙農民の経験をフル活用して取り組んでいきたいと思います。

JPN-HOPグロワーズミーティング関係者のみなさま、大変お世話になりました。
どうもありがとうございました!